スポーツ科学研究

プランクで体幹や腹筋、インナーマッスルのトレーニング ダイエット効果も 

Pocket

女の子
女の子
今日は、プランクのやり方、体幹のトレーニングについて紹介するよ

 

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、体幹を鍛えるときにどんなトレーニングを行っていますか?

腹筋や背筋、デッドリフトなどが体幹トレーニングの代表的なものではないでしょうか?

スポーツのパフォーマンスを向上させていくために体幹のトレーニングは非常に大切なものとなります。

今日は、そんな体幹トレーニングの中でプランクというトレーニングについて初会していこうと思います。

プランクとは? プランクの効果など

プランクという言葉を一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

プランクの正式名所は、フロントブリッジという名前があります。

正式名所も覚えてくださいね。

このプランクですが、主に体幹の腹筋を鍛えることができるトレーニングとされています。

普通の腹筋などの筋トレでお腹を鍛えるのもいいですがこのプランクと組み合わせることによって、さらに効果的に腹筋を鍛えてバキバキのお腹を作り上げることができますよ。

また、広い範囲を使わずに家でもできるため、場所を選べずにできるトレーニングとなっています。

インナーマッスルも鍛えられて、一石二鳥ですよ!

インナーマッスルとは?

人の筋肉は、骨から何層にもなって体を覆ています。

インナーマッスルとは、より骨に近い部分にある筋肉のことを言います。

そのため、インナーマッスルは、別名「深層筋」とも呼ばれています

要するに体の奥のほうにある筋肉だと思ってください!

プランクのやり方とポイント

ここではプランクのやり方とトレーニング方法を紹介していきます。

基本的なプランクはうつぶせの状態から肘をついて足をのばします。

この状態で1分ほど姿勢を保つことで腹筋に負荷をかけることができます。

プランクのフォームはこちらの動画で学んでください。

1か月続けることでからだに大幅に変化がもいられますよ!

プランクの応用トレーニングも取り入れてみてください。

注意点

腰が上がりすぎていたり下がりすぎていたりすると効果が薄れてしまうため胸を張って背筋を伸ばしてトレーニングを行うように注意しましょう!




負荷をかけるとさらに効果的に筋肉を鍛えられる!

まあ、プランクは背中にプレートを置くなど負荷を高めることによってさらに筋肉の発達を促すことができます。

様々な負荷のかけたプランクのやり方は以下で紹介しています

トップを目指すアスリートの方は慣れてきたらぜひ負荷を高めてプランクトレーニングに取り組んでください。

初心者で20~30秒

中級者で30秒~1分

上級者で1分~2分を目安にトレーニングを行いましょう!

プランクのはダイエットにも効果的!

また、プランクはダイエットにも良い影響をもたらすことが分かっています。

体幹を鍛えることができ、基礎代謝を上げることができて諸費カロリーを上昇させて痩せやすい体を作ってくれることが分かっています。

また、腹筋が鍛えられることでぽっこりと内臓が出てくるのは防いでくれます。

くびれをつくるために痩せたい人やポッコリお腹を押さえたい方などはプランクを取り入れるといいと思います。

中年の男性や痩せたい女性にとって効果的なトレーニングとも言えますね。

まずは20~30秒ほどから始めてみましょう!

まとめ

今回は、プランクについて記事を書きました。

プランクはトップを目指すアスリートからきれいな体を目指す女性、ポッコリお腹をひっこめたい中年の方まで多くの人に効果的なトレーニングです。

継続的にプランクを行って理想の体を手に入れましょう。

1か月あれば体をずいぶんとかわりますよ。

それでは!

ヨガやプランクを行うマットは以下からお買い求めください。

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法