スポーツ科学研究

ぽっこりおなかの原因や解消方法 内臓脂肪や皮下脂肪を落とすためのダイエット方法 

Pocket





こんにちは、ヒロです。

皆さんは、ダイエットに取り組んだ経験ってありませんか?

見た目をよくしようと必死に取り組んでいる人もいることと思います。

だえっとの時に特に気になるのがぽっこりと出たお腹ですよね。

歳をとるにつれてお腹が出てくる人も多いと思います・

今日は、そんなぽっこりお腹の原因や解消法などについて考えていきたいと思います。

お腹が出てくる原因

ぽっこりとお腹が出てくる理由はいくつかあるといわれています

内臓脂肪の増加

まず一つは、脂肪の増加によってぽっこりとお腹がでてきてしまう場合です。

これは、普段の食生活が原因とされています。

摂取カロリー>消費カロリーの日々が続くと徐々に体に脂肪が蓄えられていきます。

このため、お腹周りに脂肪が蓄えられてぽっこりと出てきてしまいます。

 

お腹の筋肉の低下による臓器のずれ

2つ目は、筋力の低下による臓器のずれです。

加齢や運動不足によってお腹周りの筋肉が減少して内臓を支えきれなくなってしまいます。

そのため、支えきれなくなった臓器が前へ出できてしまいぽっこりとお腹が出てしまいます。

中年になってお腹が出てくる原因はこの理由が原因である場合が多いといわれています。

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

また、お腹には皮下脂肪のほかに内臓脂肪といわれる脂肪が蓄えられていきます。

皮下脂肪は、筋肉と皮膚の間にある、空間に脂肪が加えれれていくものです。

お腹をつまんでつかめる脂肪はこの皮下脂肪になります。

それに対して、内臓脂肪とはお腹の中の腹筋と内臓器の空間に脂肪がたまっていくものを言います。




ぽっこりお腹を解消するための方法

それではぽっこりお腹を解消するための方法の紹介です。

お腹の筋肉を鍛える

まずは腹筋を鍛えて臓器をがぽっこり出てこないようにすることが大切です。

加齢によってお腹が出てくる原因は筋力の低下が大きな要因となっています。

そのため、腹筋などのお腹の筋肉を鍛えることによって中年のぽっこりお腹を解消することができるといわれています・

運動を行って脂肪を減らすダイエットをする

いくら筋肉を鍛えていても、そもそも脂肪の量が多ければお腹は出てきてしまいます。

脂肪の量を減らしていくためには消費カロリーを増えして摂取カロリー<消費カロリーにする必要があります。

運動をすることによって消費カロリーを増やすことができるので適度な運動と取り入れるようにしましょう。

消費カロリーが多い運動はこちらから確認できます。

無理な食事制限はせずに体を動かして健康的にお腹を引き締めましょう!

まとめ

今回の記事では、ぽっこりお腹の原因と解消方法について考えてきました。

お腹が気になる人は消費カロリーが多い運動を参考に取り入れてダイエットに励んでみてください。

それでは!

PR

内臓脂肪にお悩みの方は以下の本を読んで最速で内臓脂肪の落とし方を学びましょう!

きれいでかっこいい体を作り上げましょう。