健康科学研究

コーヒーはなぜ口臭の原因になる?対策や予防、消し方など【無臭な息へ】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、普段コーヒーって飲みますか?

 

女の子
女の子
苦いから飲めな~い

 

そうですよね。子供にとっては苦いだけでおいしくなく、飲まない人も多いと思います。

大人の方であれば、仕事の眠気覚まし、などでコーヒーをよく飲まれるという人もいると思います。

私も、コーヒーが好きなのでついつい飲みすぎてしまいます。

 

そんな、コーヒーですが、実は、コーヒーと口臭に大きな関係性があることってしっていましたか。

 

女の子
女の子
こ、口臭?

 

そうなんです。実はコーヒーが口臭の原因になっている可能性があるんです。

今回は、そんなコーヒーが息に与える影響について考えていきたいと思います。




コーヒーを飲むことのメリット

コーヒーの口臭についてばかり話してきましたが、まず、コーヒーには様々なメリットがあります。

眠気覚まし

何といっても、コーヒーに含まれるカフェインによる覚醒作用がメリットとして挙げられます。

運転中やテスト前などの眠気覚ましの効果として最適です。

集中力を高め、脳内をリフレッシュしてくれます。

スポーツ場面でパフォーマンスをあげる

また、カフェインは脳内からアドレナリンと呼ばれる物質を分泌してくれるため、スポーツ場面でのパフォーマンス向上の効果があるといわれています。

エナジードリンクをスポーツ前に飲むといいといわれるのは、エナジードリンクには、カフェインが多く含まれているため、スポーツパフォーマンスを向上させるため運動前に飲むとよいといわれています。

 

コーヒーと口臭の関係性

そんな、メリットもたくさんあるコーヒーですが、本当に口臭にもつながるのでしょうか?

コーヒーを作るときにドリップしてフィルターを通して作りますよね。

この時、コーヒー豆の微粒子がフィルターを抜けてコーヒーに溶け込んでしまうのです。

そして、この微粒子がコーヒーを飲んだ時に舌の表面に付着し独特なにおいを発生されるといわれています。

 

また、カフェインによる利尿作用によって体の水分が抜けることによって口がぱさぱさになって雑菌が繁殖しやすくなり口臭が発生するともいわれています。

コーヒーが口臭の原因ってホントだったんでっすね・・・・・

口臭予防や対策など

口臭予防のためには、コーヒーに含まれる微粒子をなるべく取り除くことが大切になります。

そのため、すこし薄めのアメリカンコーヒーぐらいのコーヒーであれば、それほど激しい口臭の発生を防ぐことができます。

また、利尿作用によって体の水分量が減少すると口内で雑菌が増殖してにおいが発生しやすいため、コーヒーにプラスして水ものむとよいと思います。

口内の粒子も水が流し込んでくれてにおいの原因を防いでくれます。

 

口臭を消すためには?

ガムを噛む

口臭対策としてまずは、ガムをかむことです。

まぐを噛むことによって、ガムに含まれる消臭成分によって口臭を消しさることができます。

また、ガムを噛むと唾液がたくさん出てます。

実が唾液にも雑菌を殺菌する働きがあり、口臭を防ぐことにつながります。

舌磨きをする

続いて、舌磨きです。

コーヒーによる口臭は、舌についた微粒子が原因であると説明しました。

舌磨きによって、舌の微粒子や雑菌を取り除くことによってにおいの原因を消し去ることができます。




コーヒーの飲みすぎには注意を

コーヒーはメリットは多くありますが、デメリットもいくつかあります。

攻守の原因となることもデメリットの一つではありますが、1番のデメリットは飲みすぎることによってコーヒー中毒の恐れを引き起こし生命に危険を及ぼす可能性があります。

毎年のようにmコーヒー中毒によって1人~2人ぐらいの人がなくなっております。

くれぐれも、大量の飲みすぎには注意が必要です。

まとめ

今回は、コーヒーと口臭の関係性について考えてきました。

やはり、コーヒーは、微粒子によって口臭の原因になりそうですね。

しかしながら、適切な予防や対策を行えば普通通り飲んでいても周りに迷惑をかけるほどの口臭は防げると思います。

しっかりと対策をしていきましょう。

そして、飲みすぎには注意が必要ですよ!

それでは。

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法