ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
スポーツ科学研究

禁煙(たばこやめる)が身体に及ぼす健康の変化 【効果やメリット、方法】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは普段たばこを吸いますか?

もちろん20歳以下のひとは、吸ったらダメですよ。

日本の成人の喫煙率は、男性で約30%、女性で10%、男女合わせて約20%の数値になっています。

およそ5人に1人が吸っている計算になります。

たばこの値段が約450円ほどで禁煙の場所が増えてる中で結構な数値だと思います。

 

そんな、たばこですが、健康面にとってかなりの悪影響を与えていることはご存知ですか?

今回は、たばこが及ぼす人体への害と、禁煙したときに体に起こる変化について紹介していきたいと思います。




たばこが人体へ与える影響

たばこにはおよそ4000種類の化学物質が含まれています。その中には、人体に悪影響を及ぼす物質も多く含んでおり、発がん性を高める物質は50種類ほど含んでいるといわれています。

たばこ言えば、タールやニコチンなどが有害物質として思いつきますがそのほかにも、多くの有害物質を含んでいるんです。

具体的に体に与える悪影響

寿命が短くなる

先行研究では、たばこ吸う人と吸わない人とを比較した結果、たばこを吸う人は、吸わない人と比べ、平均寿命が8歳も短いことが明らかとなりました。

この理由としては、喫煙によって様々な病気の発症のリスクを高めるためです。

発がん物質により、肺がんに発症率を高めます。

さらに、たばこに含まれるニコチンは、動脈硬化を促進させるため脳卒中や心筋梗塞などの血管障害を引き起こす可能性を高めます。

このように健康を害してしまうため寿命が短くなってしまいます。

 

肌荒れを起こす

タールやニコチンには、肌の栄養素となる、ビタミンCやコラーゲンなどの栄養素を破壊する働きがあります。

そのため、そばかすやニキビなどの肌トラブルを発症させる可能性を高めます。

 

精神疾患の発症リスクを高める

先行研究の結果から喫煙者と非喫煙者を比べた場合、喫煙者は非喫煙者より3倍うつ病になりやすいといわれています。

たばこを吸うだけで精神疾患になりやすいなんて意外ですよね。

 

なぜ、たばこがやめられないの?

やめられない理由

たばこを吸うと、肺から血液中に吸収されたニコチンが脳にあるニコチン受容体に結合します。

このことによって、脳からドーパミンと呼ばれる快楽ホルモンが分泌され、気分が良くなり何度も吸いたくなります。

さらに、体のニコチンがきれるとイライラが始まり、それを回避するために、再び吸ってしまいます。

これらのことが原因でたばこをやめようと思ってもやめられず、依存してしまうのです。

禁煙すると体に起こる変化・メリット

そんな、たばこですが、やめるとどんなメリットがあるのでしょうか?

健康面

まずは、健康面です。

タバコを止めることによって、発がんのリスクを下げ、さらに血管障害を起こすリスクを減少させるなど。寿命を延ばすことができます。

寿命を延ばしたい人は禁煙をお勧めします。

そのほかにも、肌トラブルの回避や精神の安定にもつながります。

 

経済面

さらに、禁煙すると経済面でもメリットがあります。

現在たばこ1箱でおよそ450円ほどしますよね。

もし、1日1箱吸うとすると1か月で13500円、1年でおよそ15万円ほど、たばこに費やしている計算になります



禁煙は難しい?禁煙するための対策・方法


禁煙は様々なメリットがあることが分かっていただけたと思います。

しかしながら、たばこをやめようと思っても、イライラが収まらず、気づいたら吸ってしまっていることはありませんか?

 

たばこってやめようと思ってもなかなかやめられませんよね。

禁煙するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ニコチンガムを使う

たばこをやめるときに一番苦労するのはニコチンがきれたときのイライラです。

ニコチンガムは、ニコチンを少量含んだガムのことで、このガムを噛むことによってニコチンによるイライラの離脱症状をやわらげることができます。

徐々にニコチンガムの使用料を減らして禁煙を進めていきましょう。

電子タバコを使用する

禁煙を始めて口がさみしくなったときは、ニコチンやタールを含まない電子タバコを吸うことをお勧めします。

ニコチンやタールなどの有害物質を含んでいなければ、健康への害はありません。

電子タバコで口元を紛らわせ、ニコチンガムを使用して徐々にたばこの量を減らしていきましょう!

禁煙外来を利用する

それでも、禁煙が難しい方は、禁煙外来を利用することをお勧めします。

禁煙外来では、医師が喫煙歴を把握して、禁煙補助薬の処方、離脱症状の緩和など禁煙継続をサポートしてくれます。

まとめ


今回は、たばこがもたらす健康被害と禁煙による体の変化について考えてきました。

たばこは身体にかなりの悪影響を及ぼします。

そして強い依存性があるため、禁煙するのに一苦労します。

まずは、20歳を超えたからといって安易に吸わないこと

強い意志を持って禁煙をすることをお勧めします!

健康面にとって多くの良い影響を与えてくれますよ!

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法