健康科学研究

アイコス(IQOS)とタバコの違いや健康被害・依存症など

Pocket


こんにちは、ヒロです。

皆さんは、アイコスって知っていますか?

あのタバコみたいなやつです(笑)

僕の周りでも徐々にタバコからアイコスに変えている人が増えてきました。

しかし、アイコスってタバコと何が違うか知っていますか?

今日は、そんなアイコスについて考えていきたいと思います。

アイコス(IQOS)とは?

最近、たばこに代わって使用してきている人が増えているアイコスですが、アイコスは加熱式タバコになります。

アイコスはヒートスティックといわれる、たばこの葉を加熱して吸います。

似たようなもので電子タバコと言うものを聞いたことがある人もいると思いますが、電子タバコはリキッドという液体を吸います。

このリキッドにはニコチンは含まれていませんが加熱式タバコであるアイコスにはニコチンが含まれています。

電子タバコと加熱式タバコ(アイコス)は一見同じに見えますが吸っているものが全く別物になってきます。

アイコスとタバコの違い

それでは、ニコチンが含まれているのなら普通のタバコとアイコス(加熱式タバコ)は何が違うのでしょうか?

ヒートスティックは普通の紙巻タバコと比べニコチン量が10分の1ほどといわれています。

また、アイコスには有害性物質のタールが含まれていません。

なので普通のタバコを吸うよりも健康面への被害を抑えることができるといわれています。




アイコスのメリット

アイコスのメリットとして、普通のタバコを吸うよりも一番は健康面への被害を抑えることができることと言えます。

また、副流煙を抑えられて周りへの影響も防ぐことができます。

その他にも・・・

火を使わないため、火事の心配やライターなどがいらない。

歯の黄ばみを防げる

臭いが抑えられる

などのメリットがあげられます。

アイコス(IQOS)がもたらすデメリットや健康被害や依存症

それではアイコスのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

・充電が必要で延期がないと吸える本数が限られる。

・アイコス自体が重く持ち運びに不便

・アイコスの器械にお金がかかる(1万円ぐらい)

・本体が壊れると吸えない

などなどのデメリットがあげられます。

また、ニコチンの量が普通のタバコよりはるかに少ないですが吸引することには変わりはないので吸いすぎは依存症や発がん率を高めるなどの健康被害をもたらすこともあります。

まとめ

今回の記事では、アイコスとタバコの違いや健康被害について記事を書きました。

健康面のことを考えてら普通のタバコからアイコスに切り替えたほうがよさそうですね。

一番は吸わないことだと思いますが・・・(笑)

健康的な生活を送りましょう

それでは!

PR

普通のタバコからアイコスに変えたい方は以下をお求めください。