スポーツ科学研究

BMIが高くても肥満とは限らない? 計算方法や体組成、筋肉量など

Pocket

女の子
女の子
今回は、BMIと肥満について考えていくよ!

 

こんにちは、ヒロです。

皆さんはBMIという言葉を聞いたことがありますか?

このBMIは体の肥満度を求めるためのものであり、健康診断などでよくこの数値を見かけますよね。

今回は、このBMIと肥満の関係について考えていきたいと思います。

数値が高いからといって肥満とは限らない場合もありますよ。

BMIの計算方法と数値の見方

BMIとは?

BMIとは、肥満度を示した数値ではありますが、身長から見た適性の体重を示してくれる数値となっていますので、必ずしも数値が高いから肥満とゆうわけではありません

そのため、脂肪が少なくて筋肉が多くて体重が重い場合も数値は高くなる場合があります。

BMIは数値と肥満度が必ずしも一致しないという欠点があります。

 

BMIの計算方法

自身のBMIを出すためには以下の計算を用いてBMIを求めます。

BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

の計算でBMIを求めることができます。

注意点として身長はメートルで計算する必要があります。

(例)

例えば体重60㎏身長1.7mの人の場合BMIは、20.7という数値になります。

 

数値の見方

BMIの数値の見方は以下の通りです。

数値の見方

18以下・・・痩せすぎ
19・・・・・モデル体型
20・・・・・美容体型
22・・・・・標準
25以上・・・肥満

となっています。

皆さんは、計算してどのぐらいの数値が出ましたか?

あくまでも、注意が必要なのは、数値が高いからといって肥満とは限らないということです。

 




肥満かどうか見極めるには体組成を調べて筋肉量や脂肪量を知ることが重要である。

BMIはあくまで目安の基準となります。

そのため、肥満かどうか見極めるには体脂肪率や体組成を求めることが必要となってきます。

体脂肪や体組成、筋肉量など体重計を用いて簡単に計測することができます。

体脂肪率が

男性で30パーセント以上

女性で35パーセント以上あると

軽肥満・肥満といわれています。

ただし、体脂肪率は計測器によって誤差が激しい場合があるデメリットもあります。

一番正確なのは、病院を診断して専用の機械で体組成を出してもらうことで肥満かどうか診断することができます。

まとめ

今回は、BMIと肥満の関係について考えてきました。

健康診断などでBMIが高かったからといって肥満とは断定でないので目安として参考にしましょう。

しかしながら、普段トレーニングを行っていないにも関わらず、BMIが高い場合は肥満の可能性大です。

太りすぎは生活習慣病のもとになるので注意が必要です。

適度な運動を心掛けて健康的に過ごしましょう。

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法