スポーツ科学研究

筋トレ(無酸素運動)の消費カロリーは?痩せる?ダイエットに効果的?

Pocket

女の子
女の子
今日は、筋トレとダイエットの関係性について紹介していくよ。

 

こんにちは、ヒロです。

皆さんはダイエットをした経験ってありませんか?

きれいな体を作りたい女性やかっこいい体を作りたい男性の方などダイエットをした経験がある人も多いことと思います。

そんなダイエット、皆さんは、痩せるためにどんな運動をしましたか?

ランニングや水泳、縄跳びなどカロリーを多く消費できる有酸素運動を取り入れて脂肪量を減らしてくのが一般的ですよね。

しかしながら、筋トレ(無酸素運動)もダイエットにとって効果的な運動であることを皆さんは知っていましたか?

今回は、筋トレがダイエットにもたらす効果について考えていきたいと思います。

筋トレの消費カロリーはどれぐらい?

筋トレって1時間当たりどれぐらいの消費カロリーがあると思いますか?

もちろん筋トレの強度にもよりますが、体重60㎏の人がトレーニングジムなどでマシンを使ってウエイトトレーニングを行った場合1時間当たり230~250キロカロリーを消費するといわれています。

ランニングや水泳などの有酸素運動は中程度の運動でも1時間当たり500~600キロカロリーほど消費するため、有酸素運動と比べると筋トレは半分ほどのカロリーしか消費できない計算になります。

筋トレは、1時間中動いているわけでわなく、インターバルの時間が長いためこの程度の消費カロリーになります。

筋トレのダイエット効果について

筋トレは1時間当たりの消費カロリーは有酸素運動と比べると小さいですが、トータルで考えたときに大きなダイエット効果をもたらしてくれます。

筋トレ後もカロリーが消費される???

ある程度の負荷をかけて筋トレを行うと、筋肉が傷つき破壊されます。

この、破壊された筋肉が修復される際にも、多くのカロリーが消費されることが先行研究から明らかになっています。

1時間当たりの消費カロリーは有酸素運動のほうが多いですが、傷ついた筋肉の回復の時の消費カロリー考えた場合、有酸素運動の消費カロリーとさほど変わらないことが分かっています。

基礎代謝の向上

また、体の筋肉量が増えていくと基礎代謝が向上していきます。

具体的には、筋肉1㎏増えると1日の総日カロリーが50~70キロカロリーほど増えることが分かっています。

筋肉質の人はそうじゃない人と比べて、カロリーの消費が多く痩せやすいとされています。




筋トレを取り入れるとリバウンドによる増量を抑えることができる。

ダイエットの最大の敵といえばリバウンドなのではないでしょうか?

よくテレビなどで、ダイエット後のリバウンドについて耳にします。

しかしながら、なぜダイエット後はリバウンドしやすいのでしょうか?

リバウンドの原理とは?

リバウンドとは、ダイエット終了後にダイエット前以上に体重が増えてしまう症状を言います。

リバウンドのメカニズムは以下の2つが原因といわれています。

ホメオシスタス

人の体は、ダイエットを行って体に入ってくるエネルギーが減少すると、エネルギーの消費を抑える機能が働きます。

これをホメオスタシスといいます。

ダイエットの初めは体重が減りやすく、後半に減りにくくなるのは、このホメオスタシスの作用にってカロリーが消費されにくくなるからといわれています。

ダイエットをやめて、普段通りの食事を始めると、摂取カロリーに比べてカロリーの消費が少なく、体に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

レプチンの減少

ダイエットをしているとレプチンと呼ばれる物質の分泌量も少なくなります。

レプチンは体に満腹感を与える作用がある物質です。

ダイエットにより、このレプチンの分泌量がへり、なかなか満腹感を感じられずについ食べ過ぎてしまいます。

そのため、体重がふえやすくなってしまいます。

筋トレでリバウンドは防げる!

普通のダイエットでは食事制限と有酸素運動を行うことで、筋肉が徐々に分解されて減っていってしまいます。

そのため、筋肉量が減少し1日の消費カロリーも減ることによって、普通の食事をとっても徐々に体重がふえていってしまいます。

しかしながら、筋トレを取り入れてダイエットを行うことによって消費カロリーを増やすことができ、レプチンやの作用のよって多少食べ過ぎても太りにくい体を作れリバウンドを防ぐことができます。

究極は有酸素運動+筋トレでのダイエット

じゃあ、筋トレだけを行ってダイエットを行えばいいか?

といえば、1番いいのは有酸素運動と筋トレを組み合わせたダイエットが一番痩せやすいとおもいます。

1日の消費カロリーを増やして摂取カロリー<消費カロリーにしつつ、筋トレで筋肉を増量していくことがリバウンドしにくく、短期間で痩せていくことができる方法だといえます。

どちらかだけではなく、療法取り入れてダイエットをしていきましょう。

まとめ

今回は、筋トレのダイエット効果について考えてきました。

有酸素運動のみならず、筋トレ(無酸素運動)も取り入れることで効果的にダイエットを行えて太りにくい体を作ることができそうですね。

理想の体を目指して継続的なトレーニングを取り入れてきましょう・

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法