ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
スポーツ科学研究

ランニングなどで走ると脇腹が痛くなる原因と対策・予防など

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、健康のために日ごろどんな運動を行っていますか?

 

女の子
女の子
ランニング!

 

えらいですね!

 

女の子
女の子
けど、走っているとわき腹が痛くなってなかなか思うようにはしれないんだよな~。なんで走ってるとわき腹が痛くなるんだろう?

 

確かに、ランニングなどで脇腹が痛くなる時ってありますよね。

私も経験あります。

皆さんも経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

しかしながら、走っていて足が痛くなるのはわかりますが

なぜ走るだけで横腹が痛くなるか知っていますか?

今回は、そんな疑問について考えていきたいと思います。

ランニングなどでわき腹が痛くなる原因

なぜ、走るとわき腹が痛くなるのでしょうか?

実は、この運動中の脇腹の痛みはサイドステッチという正式名称があり、このサイドステッチの原因としては、走ることの衝撃で体内の臓器が揺れて衝撃や負担がかかっているためだといわれています。

そして、このサイドステッチは、お腹の部位によっても原因が違うといわれています。

右の脇腹が痛むとき

走ることによって右の脇腹が痛くなる原因は、肝臓と横隔膜が関係しているといわれています。

肝臓は臓器のなかでも非常に重たい臓器になります。

そのため、走った衝撃によって肝臓が動き、それを支える横隔膜が引っ張られることによって、痛みを生じるといわれています。

左の脇腹が痛むとき

それでは、走った時に、左の脇腹が痛くなる時はどんな原因なのでしょうか?

この原因として脾臓が関係しているといわれています。

脾臓は一時的に血液をためておくことができる臓器になります。

そのため、運動時にこの脾臓を収縮させることによって、ためてあった血液を全身に流して血液量を増やして、酸欠を防いでくれます。

脾臓の頑張りによって酸欠を防いで長く運動を行うことができますが、血液を送る収縮運動によって痛みを生じるといわれています。

走っているときに脇腹が痛くなった時の対策・対処法

それでは、走っているときに脇腹が痛くなった時はどのように対処すればいいのでしょうか?

ストレッチをする

走っているときに脇腹が痛くなったら、一度止まり脇腹を伸ばすストレッチを行ってみましょう。

脇腹を伸ばすことによって横隔膜の痙攣や緊張を緩めることができ、痛みをやわらげることができるといわれています。

深呼吸をする

また、ストレッチの他にも、深呼吸を行うことによって、体に酸素がいきわたり、脾臓の収縮をやわらげることができ痛みを解消することができます。




脇腹が痛くならないための予防方法

せっかくランニングをするなら、脇腹の痛みなくきもちよく走りたいですよね。

わき腹が痛くならないように気をつける予防策について考えていきたいと思います。

 

まずは、走る前にご飯をあまり食べないように注意しましょう。

満腹の状態で走ると、臓器が揺れて、その衝撃による痛みや、横隔膜の収縮の痛みがおこりやすくなります。

運動の1時間前には、食事を済ませておくようにしましょう。

 

もう一つは、ウォーミングアップをしっかり行うことです。

急に激し運動を行うと、全身に血液を送るために脾臓が急激に収縮運動をおこし、痛みを感じます。

徐々に運動強度を上げることによって、脾臓の収縮による痛みを抑えることができます。

ウォーミングアップって大切なんですよ!

まとめ


今回は、走っている最中の脇腹の痛みについて考えていました。

せっかくの運動も、痛みがあっては楽しさも半減してしまいますよね・・・・

脇腹が痛くならないように、予防方法を理解して食事やウォーミングアップに気をつけて楽しく運動を行いましょう。

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法