ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

コンビニ弁当やカップ麺を毎日食べていると健康にどんな危険や悪影響がある?

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、普段食生活に気をつけてご飯を食べていますか?

 

女の子
女の子
お菓子とかジュースとかたくさん飲んじゃう

 

という人も多いのではないでしょうか?

分かっていても、なかなか3食しっかり食べてバランスの良い食事をとるのって難しいですよね・・・

 

私自身、学生のころは、自分でご飯を作るのがめんどくさくコンビニ弁当やカップ麺ばかりを食べていました。

そして、社会人になった今も、仕事の忙しさからコンビニ弁当やカップ麺ばかり食べています。。。。。(笑)

日本の忙しいサラリーマンの皆さんは、このような食生活になっている人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、よく、コンビニ弁当やカップ麺ばかり食べていては体に良くないといわれますが、どのように良くないか知っていますか?

今日は、コンビニ弁当やカップ麺ばかり食べることが身体にどのような影響を与えるか考えていきたいと思います。

コンビニ弁当はなぜ体に悪影響を及ぼすのか?

コンビニ弁当は、お手軽の値段ですぐに食べられてしかもおいしいので、忙しいサラリーマンの方々にとっては手放せないものですよね。

しかし、そんなコンビニ弁当はなぜ体に悪影響をもたらすのでしょうか?

問題の1つに糖質の多さが挙げられます。

コンビニ弁当の種類にもよりますがコンビニ弁当は、茶碗2杯分ほどの米が含まれています。

そのため、コンビニ弁当の米だけでも1回の食事に必要な糖質を摂取してしまうのです。

 

さらに、米だけではなくおかずも、から揚げなどの揚げ物が多いですよね。

揚げ物は、脂質を多く含んでいるため、米の糖質にプラスするとかなりのカロリーを摂取していることになりますよね。

 

そして、コンビニ弁当は野菜などが少ないという点も問題です。

そのため、一回の食事で必要とされる食物繊維やビタミン、ミネラルなどは明らかに不足の状態となります。

 

このようにコンビニ弁当は、高カロリーではあるが野菜が少なく栄養バランスが悪い点が体に悪影響をもたらす要因になります。

コンビニ弁当が体にもたらす悪影響

それでは、そのようなコンビニ弁当を毎日のように食べていると身体にどのような影響をもたらすのでしょうか?

糖質や脂質多いため、カロリーを多く摂取してしまいます。

そのため、メタボリックシンドロームになりやすく、生活習慣病を発症するリスクを高めます。

また。コンビニ弁当には、添加物が多く含まれています。

添加物の大量摂取は、癌やアレルギー、肝硬変などのリスクを高めることが分かっており、様々な病気になるリスクを高めてしまいます。

コンビニ弁当を普段食べない人と比べて、コンビニ弁当を日ごろ食べている人は2.5倍健康に不安を抱えているといわれています。

コンビニ弁当の過剰摂取には注意が必要ですね。

 




カップ麺はなぜ体に悪影響をもたらすのか?

続いて、カップラーメンはどうして体に悪いといわれているか考えていきたいともいます。

塩分が多い

まずは、カップ麺は塩分が多いという問題があげられます。

カップラーメンの種類にもよりますが、1食あたり大体5~7gの塩分量を含んでいます。

厚生労働省が定める成人の塩分摂取量の目安が9gといわれているため、カップラーメン1食で1日に必要な塩分量の3分の2ほどの量を摂取してしまうことになります。

栄養バランスが悪い

また、カップラーメンは麺が大部分を占めているため糖質中心の食事になってしまいます。

ミネラルやたんぱく質、ビタミンなどの栄養があまり摂取できず栄養バランスが崩れます。

添加物が含まれる

そして、コンビニ弁当の時にもあげた添加物の問題です。

添加物により、癌やアレルギー、肝硬変などのリスクを高めてしまいます。

カップ麺が体にもたらす悪影響

カップラーメンの危険性の一つは、塩分の大量摂取による健康被害です。

塩分を取りすぎると、むくみや高血圧、胃がんの発症などのリスクを高めることが先行研究より明らかとなっています。

また、栄養バランスが悪いと様々な疾患や病気の原因になることも分かっているため、健康被害や死亡リスクに大きな影響を及ぼしてしまいます。

女の子
女の子
栄養バランスが悪いと死にやすいんだ・・・・

改善策


これでは、コンビニ弁当やカップラーメンがもたらす健康被害を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

自炊

まずは、あまりコンビニ弁当やカップラーメンに頼らないように自炊を心掛けてバランスの良い食事をできるように心がけましょう。

3食バランスの良い食事が健康によいといわれています。

栄養バランスを考えて料理を作り栄養摂取しましょう!


食べ方を考える

そうはいっても、日ごろ忙しくてどうしてもコンビニ弁当やカップラーメンに頼ってしまう人もいると思います。

そんな時は、食べ方に気をつけましょう。

栄養素の知識を身に着けて、弁当やかカップラーメンと一緒に野菜も一緒に摂取したり、米や麺を食べる量を少し減らすなど心掛けるだけでもだいぶ健康に与える影響が変わってきます。

まとめ


今回は、コンビニ弁当やカップラーメンが健康に与える危険性について考えてきました。

栄養やカロリーの面からみても毎日のコンビニ弁当やカップラーメンは体にはよくなさそうですね。

なるべく、栄養面を考えて食事を摂取していくことが大切そうです。

栄養のバランスの知識を身に着けて健康的に過ごしましょう。

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法