ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
スポーツ科学研究

アームカールで筋肉(前腕筋と上腕二頭筋)を鍛えろ!やり方やきかせ方など

Pocket

女の子
女の子
今回はアームカールで筋肉の鍛え方について記事を書いていくよ!

 

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、アームカールって聞いたことがありますか?

普段トレーニングを行うトレーニーの方ならご存知だと思います。

アームカールというトレーニングを行うと力こぶの筋肉が大きくなります。

力こぶを周りの人に見せつけたい人は是非最後までご覧になってアームカールのトレーニングをとり入れてみてください。

アームカールとはどんなトレーニング?

アームカールとは腕でバーベルまたはダンベルをもって腕を曲げ伸ばしする、筋トレになります。

アームカールは、腕まりの筋肉を鍛えることができたくましい腕を作り上げたい人にはなくてはならない筋トレといえます。

体操選手のような二頭筋を作りたい人は是非アームカールを取り入れて筋トレをしてみてください。

アームカールで鍛えられる筋肉

アームカールで鍛えられる筋肉は上腕二頭筋と前腕筋といわれています。

上腕二頭筋は、二の腕の前部分の筋肉になります。

前腕筋は手首から二の腕にかけての筋肉になります。

このアームカールを行うことによって腕の筋肉の大半の筋肉が鍛えることができます。




アームカールのやり方とコツ

このアームカールですか、一見腕の曲げ伸ばしのみで単純そうに見えますが、アームカールのやり方には注意するポイントがいくつかあります。

①ダンベルを上げるときに背中をそって反動を使うと腕への負荷が減ってしまい効果的に筋肉に聞かせることができなくなってしまいます。

背筋を伸ばして反動を使わないように注意しましょう。

 

②しっかりと腕を伸ばしてからカールすることによって筋肉に負荷をかけ筋肥大させることができます。

アームカールの可動域を増やして細かくならないように注意しましょう。

 

③腕を曲げる際にひじも一緒に上がらなように注意しましょう。

肘を上げると上腕筋に負荷がかかりにくくなってしまいます。

 

アームカールのやり方やポイントきかせ方などは以下の動画からご覧いただけます。

どんなスポーツのパフォーマンスを向上できるの?

アームカールをすることによて様々なスポーツのパフォーマンスを向上させることができます。

その中でも、アームレスリングのパフォーマンスを著しく向上させてくれるといわれています。

クラスで、腕相撲で1番になって注目されたい方やアームレスリングでチャンピオンを目指している方などは是非取り入れたいトレーニングですね。

まとめ

今回は、アームカールについて記事を書いてきました。

まとめとして・・・・

まとめ

・アームカールは上腕二頭筋や前腕筋を鍛えることができる。

・たくましい腕を作りたい人に効果的なトレーニングである・

・単純な動作であるが反動を使わないなどの注意点を意識してトレーニングをする必要がある。

それでは!

PR

これから運動を始める人やトレーニング機材が欲しい方はこちらからお買い求めできます。


こちらの記事も読んでみてください!

あくびが止まらない原因は酸素不足?病気のサイン?あくびで涙が出る理由まで

筋トレの可逆性の原理 筋トレをさぼると体内でおこる現象と継続の重要性

毎日歩くだけで健康的に生きられる?【ウォーキング健康のメリットとデメリット】

速筋と遅筋の違いや鍛え方・トレーニング方法