健康科学研究

口内炎ができる原因と症状・予防・治し方 なかなか治らないときは癌の可能性も・・・

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、口内炎ができたことってありませんか?

多くの方が一度は口内炎ができた経験があるのではないでしょうか。

口内炎ができると食べ物を食べたり、飲み物を飲むだけでヒリヒリして苦痛ですよね・・・・

今日は、そんな口内炎について、原因や症状、治し方までご紹介して生きたと思います。

口内炎ができる原因と症状

口内炎ができる原因

まずは、口内炎ができる原因から考えていきましょう。

実は、口内炎ができる原因はいまだに明確には明らかにさえていないのが現状となっています。

しかし、一般的にできる口内炎の原因として考えられているのは、ストレスや食生活の偏りが原因であるといわれています。

そのほかにも、歯の矯正器具や舌を噛んだりなどの物理的な要因も口内炎になる理由といわれています。

確かに、したや唇を噛んでしまった後って口内炎になりやすいですよね。

症状

口内炎ができると口内が赤くはれ上がったり、円形の白い潰瘍ができたりなどの症状が現れます。

いずれも、飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりすると激痛がはしり、飲食の時に苦痛を伴います。

口内炎の治し方と予防方法

口内炎の治し方

それでは、口内炎はどうやったら早く治すことができるのでしょうか?

口内炎は、普通に生活を送っていれば1~2週間ほどで自然治癒をしてくれます。

しかしながら、苦痛を伴う口内炎は、できるだけ早く治したいですよね。

口内炎を早く治すためには以下のことが重要となってきます。

・薬局などでドラッグを購入して使用し使用する

「結局、薬かい」、と思う人もいると思いますが、口内炎用の薬を使用することで炎症や痛みを抑え治癒力を高めてくれます。

ビタミンの摂取を心掛ける

口内炎は、ビタミンCやビタミンBの不足によっておこるといわれています。

サプリメントを摂取してビタミンの補給を心掛けることによって治療が早まるとされています。

睡眠時間をしっかりととる

寝不足は、体の免疫機能を低下させてしまうため、いつまでたっても口内炎が治らなくなってしまいます。

1日に8時間ほど睡眠をしっかりととるように心がけましょう。

予防方法

口内炎の予防方法はうえで上げたようにバランスの良い食事を心掛けて、ビタミンCやBを摂取すること、しっかりと睡眠時間をとることが大切となってきます、

また、口の中を清潔にすることで口内炎の発症リスクを抑えることができるといわれています。

普段の歯磨きに加えてイソジンなどを使用して口内を清潔に保ちましょう。




舌にできる口内炎は癌の可能性も・・・・

口内炎ができて、2週間が経過してもいっこうによくならない場合は、他の病気の可能性を考える必要があります。

口内炎自体は、ほっておいても自然に治るものです。

それがいつまでたっても治らない場合は、口腔癌や舌癌の可能性があります。

一度病院を訪れて検査していただくことをお勧めします。

まとめ

今回は、口内炎について原因や症状、治療方法を書きました。

規則正しい生活を送り栄養面に気を付ければ発症リスクを抑えることができます。

どんな病気も日ごろの生活習慣が重要とになってきますね。

それでは!

PR

口内炎は、自然に治癒しますが治癒しますが医薬品を使うことによって痛みを緩和でき早く治すことができます。

口内炎ができたときは一度試してみてください。