ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
スポーツ科学研究

女性は筋肉がつきにくい? 筋肉をつけたい女性のための筋トレ

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんはこんなことを聞いたことはありませんか?

女性は男性と比べて筋肉がつきずらいという言葉を

確かにスポーツを見ていても男性と比べるとゴリゴリの女性ってあまり見かけないですよね?

しかしながら、筋トレを行っている女性アスリートなどはなぜ男性のように筋肉隆々になっていかないのでしょうか?

今日はそんな疑問について考えていきたいと思います。



女性が筋肉がつきにくい理由

まずは、こちらの画像を見てください。

ボディビルの男性と女性の画像です。

もちろん、ふたりとも半端ないですが男性と女性ではやはり差があることが分かります。

このように、女性が男性よりも筋肉が付きにくい理由としてホルモンが影響いているといわれています。

筋トレをして筋肉が発達していくためには男性ホルモンが収容な役割を果たしています。

しかしながら、女性は男性と比べると男性ホルモンが少ないためこれが筋肉が発達しにくい理由と言われています。

また、女性ホルモンの影響で体に脂肪が付きやすく筋肉のカットが見えずらいためムキムキになりにくいといわれています。

美しい美ボディを作りたい女性向けの筋トレ

筋トレをしてムキムキになりたくないという女性がいると思いますが、安心してください、並大抵のトレーニングでは、上の画像のような筋肉にはなりません。

美しく引き締まった体になりたいと考えている女性は積極的にトレーニングすべきです。

週2回、1回の筋トレで約1時間のトレーニングを行って有酸素運動を取り入れれば美しい体を作ることができると思います。

もちろん食べすぎていては脂肪がついていってしまいます。

消費カロリー>摂取カロリーを心がけて継続的なトレーニングを行っていきましょう




女性が筋肉ムキムキになるには?

負けん気が強い女性や、ボディビルやプロレスラーを目指している女性などムキムキになることを望んでいる女性もいらっしゃると思います。

もちろん、男性と比べると筋肉が発達しずらいです。

そのため、たんぱく質の摂取など栄養摂取を心がけてなおかつ筋トレを継続的に行っていくことが大切です。

筋肉を肥大させるためには最大筋力の75~80%の重さでのトレーニングを行うと筋肥大がしやすいといわれています。

あまりに軽い負荷だとなかなk筋肉がついていかないため負荷の重さには注意を払いましょう。

また、トレーニングの原則として過負荷の原則があるため、徐々に負荷の重さをあげていくことも大切です。

まとめ

今回は、女性の筋肉の発達について記事を書きました。

まとめとして・・・・

①女性は男性と比べると筋肉が発達しにくい

②その理由として男性ホルモンの量が少ないからである。

③美ボディやムキムキな体を作るためにはトレーニングの原理原則を学んで継続的に筋とrをしていくことが大切である。

 

それでは!