ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

視力が悪い人のための視力検査・回復トレーニング方法 【目の視力低下 回復】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、視力はどのぐらいありますか?

学生時代や会社の健康診断で視力検査ってありましたよね。

今日は、そんな視力について視力回復のトレーニングなど紹介していきたいと思います。

最近、目がみずらくなってきた方や視力が気になる方などは是非参考にしてみてください。

今の視力を検査してみよう。

まずは、今の自分自身の視力を調べてみましょう。

こちらのサイトから今のあなた自身の視力を測定することができます。

https://469up.com/eidoptometry/

いかがでしたか?

あなたはどれぐらいの視力がありましたか?

前より悪くなっていた人も逆に良くなっていた人もいるのではないでしょうか?

視力がどれぐらいかメガネが必要?

では今回の視力検査から、どれぐらいの人がメガネが必要なのでしょうか?

一般的に言われていることとして、近視で視力が0.3~0.7ほどの人は必要な時だけメガネを着用し、0.3未満の人はメガネを常備したほうが良いといわれています。

皆さんはどうでしたでしょうか?

ちなみに、車の免許を取得するためには、片目0.3以上で両目で0.7以上の視力が必要となってきます。

そして大型の自動車免許になると片目で0.5以上で両目で0.8以上の視力が必要といわれています。

もしこの数値に満たない場合は、メガネなどで視力を矯正してする必要があります。

それでも視力が足らない場合は、免許が取れなくなてしまいます。

視力0.01の世界

 

それではここで視力0.01の人がどのように周りが見えているのか体験していただきましょう。

上の画像の竹やぶは、視力1.0の人と0.01の人の周りの見え方です。

そうでしょうか、左ははっきりと竹やぶと分かりますが、右はぼやけて全然わかりませんよね。

そのほかにも・・・・

いかがでしょうか?

全然見え方が違ってきますよね。

視力をなるべく落とさないように気を付けなくてはいけません。

視力回復トレーニング

それでは、下がってしまった視力を回復させるためにはどのようなトレーニングがあるのでしょうか?

こちらの動画を見ていただくと視力の回復トレーニングを行うことができます。


3分間での視力回復トレーニングができます。

これを毎日繰り返すと視力の回復が見込めると思います。

時間がある方は、気長に試してみてください。

視力が悪くなる生活

視力が悪くならないように普段の生活で気をつけるポイントを紹介いたします。

視力が悪くなる生活

暗い場所でテレビを見る

ゲームやスマートホンばかりしている

栄養バランスが悪い

前髪がまつ毛にかかっている

などなど、これらの生活が視力に悪影響を及ぼすといわれています。

また、目が機能するためにはビタミンやミネラルなどバランスの良い栄養が必要といわれています。

普段の生活習慣も大切になてくるんですね!

バランスの良い食事を摂取して目が悪くなる習慣をしないようになるべく気を付けるようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、視力の検査と回復トレーニングについて書きました。

皆さんは、視力大丈夫でしたか?

回復トレーニングを習慣化して、視力を回復させましょう!

それでは。

PR

上の動画のほかにこちらも使用するとさらに視力回復に役立てます。

1日3分でトレーニングができます。

動画とセットで6分のトレーニングを続けてみてください。