スポーツ科学研究

ヨガの歴史や健康効果、ダイエット効果、ポーズのやり方など 【ヨガのメリット・デメリット】

Pocket


こんにちは、ヒロです。

皆さんはヨガってしていますか?多くの方がご存知だと思います。

ここ数年でヨガは日本でブームになっていますよね。

日本のヨガ人口は100万を超えたといわれ、ヨガによる経済効果は200億円越えといわれるまで成長しています。

今回はそんなヨガの健康効果やメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

ヨガの歴史

ヨガは4000年以上の歴史を誇っているといわれています。

ヨガを発展させたのは、紀元前1500年頃インドに侵攻したアーリア人であるといわれています。

その後、1920年代からインドでヨガの科学的な研究が始まり、そして1970年代にはヒッピームーブメントの中で精神的・肉体的な調和と自由を得る手段として人気を集めました。

このことが現代のヨガブームにつながる流れであり、世界各地で何度かのブームを経て、現在では世界的に定着したといわれています。

日本のヨガの発展は、ヨガの父と言われている沖正弘がインド、パキスタンで活動中にヨガと出会い、日本ヨーガ協会を設立し日本にヨガを広めたといわれています。

ヨガのやり方

ヨガは運動負荷が低く初心者でも気軽に開始することができる運動です。

ヨガは、様々な方向に関節をひねるためストレッチなどでは伸ばせない筋肉を伸ばすことができます。

さらにバランス感覚や体感も鍛えることもできます。

初心者用のヨガのやり方は以下の動画で見ることができます。以下を参考にしてぜひ初めて見てください。




ヨガの健康・ダイエット効果・効能(メリット)

ヨガにはストレッチ効果以外にも様々な効果があることが分かっています。

1日10分であっても様々な効果が得られることが分かっています。

ヨガがもたらす健康効果として以下のものがあることが分かっています。

まずは身体への効能・効果を見ていきましょう。

<体への効能>
・基礎代謝の向上
・体幹強化
・新陳代謝の促進
・腸蠕動運動の活発化
・免疫力アップ など

<体への効果>
・ダイエット効果
・姿勢改善
・美肌効果
・便秘解消
・風邪予防 など

 

次に、心への効能・効果を見ていきましょう。

<心への効能>
・自律神経を整える
・緊張をほぐす
・雑念を捨てる
・自分を知る など

<心への効果>
・精神の安定
・リラックス効果
・集中力アップ
・自己肯定感アップ など

 

このように身体面・精神面に多くの効果・効能があることが分かっています。

ヨガをするだけでダイエット効果があるなんて驚きですよね。

また、リラックスすることができ、ストレス解消やうつ病の予防など精神面も整えてくれます。

 

ヨガをすることのデメリットとは?

それでは、逆にヨガのデメリットって何かあるのでしょうか?

ヨガにはほとんどデメリットはないといわれていますが、初心者の方は注意が必要です。

無理にポーズをとろうとして関節を痛めたりケガの発症につながってしまうリスクがあるようです。

ヨガを行う上で無理のない範囲でリラックスしてポーズをとることが大切ですね。

そうすることによってさまざまな効果を得られることができます。

まとめ

今回はヨガについて記事を書きました。

ヨガは身体面・精神面にさまざまなメリットをもたらしてくれます。

ストレス社会で負けない心身を作るためにも日常の中にヨガを取り入れてみましょう

それでは!

 

PR

これらヨガを始めようとお考えの方はこちらをご購入ください!

YouTubeなどでヨガのやり方を学ぶことができます。

家などでぜひやってみてください。