ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

笑いによる健康効果(メリット)ってしってる? 【楽しく生きることが健康につながる!!!】

Pocket



こんにちは、ヒロです。

皆さんは、笑いに満ち溢れた毎日をお過ごしでしょうか(笑)

僕もバラエティー番組が大好きでいつもげらげらテレビを見て笑っています。

実はそんな笑いや笑顔には楽しいだけでなく、ものすごい効果が秘められているって知っていましたか?

今日は笑いが健康面や人の身体に与える効果について考えていきたいと思います。

笑うことの健康効果

まずは、笑うことの健康効果を紹介いたします!

免疫力の向上

笑うことは体の免疫力を高めてくれることが分かっています。

免疫力を語る上で特に重要な免疫細胞が、NK細胞とB細胞です。

NK細胞は体内に入ったウイルスを破壊する働きがある免疫細胞です。B細胞は細菌やウイルスを倒す抗体を作ってくれる免疫細胞です。

笑うことでこの2つの免疫細胞が活性化し結果病気にかかりにくくなることが明らかとなっています。

また、がんの抑制にも効果があることが明らかとなっています。

笑うだけで病気やがんになりにくいなんてなんかすごいですね!

ストレスの低下

ストレス社会に生きる私たちにとって日常のストレスは避けては通れないものですよね。

笑いにはこのストレッチを軽減する効果もあることが分かっているんです。

笑うとセロトニンという幸せホルモンが体に分泌されます。

このセロトニンは「幸せホルモン・癒しホルモン」と呼ばれ体をリラックスさせてくれることかを持っているんです。

うつ病や精神疾患患者などはこのセロトニンを増やすことで症状を軽減させることが得きることが明らかとなっています。

また、笑いによってドーパミンと呼ばれる物質も分泌されストレスを軽減させてくれることが分かっています。

笑いが増えると頭がよくなる???

先行研究より、笑いは脳機能を高めてくれることが明らかとなってきます。

笑いにより、記憶力や判断力、思考力などが高まります。

この理由として、人は笑うと脳への血流が増加し、記憶勅や判断力をつかさどる海馬や側頭葉が活性化されます。

海馬は記憶、側頭葉は判断力などをたかさどる器官です。

そのため笑いにより、いつもより記憶力が増す、テキパキ判断を下せる、といったふうに脳の機能を向上させるのです。

勉強をする前にバラエティーを見て思いっきり笑ってから勉強すると勉強の成果も上がるかもしれませんね!



なんと笑顔はダイエットにも効果的なんです!

人が声を上げて笑っている時って、血圧・心拍数・酸素の消費量などが活発になっている状態ですよ。

その為、脂肪が燃焼しやすく、痩せやすい体質になると言われています。

アメリカのヴァンダービルト大学で行われた先行研究では笑いによる消費カロリーが明らかになりました。

実験の内容として18~34歳の男女45組にコメディ映画を10分間見てもらい、その後に何の変哲もない羊の映像を5分間見せる。これを交互に4回繰り返すというものでした。

その結果、

声を出して笑った時は、安静時に比べて10~20%カロリー消費量が高く
1日に10~15分間声を出して笑うと、消費カロリーが普段より10~40kcal増える

ことが明らかとなりました。

 

笑うだけで痩せやすい体になるなんてなんか得した気分ですね。

まとめ

今回に記事では笑いが及ぼす効果について記事を書きました。

笑うことは、健康や学力、さらにはダイエットにまで様々な効果を与えてくれるんですよ!

毎日笑顔で健康的な生活を送りましょう。

それでは!