ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

インフルエンザの予防接種ってした方がいいの?運動はダメ?【予防接種の効果・必要性・副反応・同時摂取など】

Pocket



こんにちは、ヒロです。

冬になるとだんだんとインフルエンザウイルスが蔓延してきますよね・・・・

皆さんは、インフルエンザが流行する前にインフルエンザの予防接種って打ちますか?

僕は基本的に打たないですね。(本当は打ったほうがいいと思いますが・・・)

今日はそんな予防接種について記事を書いていきたいと思います。

予防接種とは?

予防接種とは、

感染症の発生を予防し,流行を抑える目的で,不活化もしくは弱毒化した細菌類,ウイルス,毒素などをワクチン(免疫原)として接種し,免疫力を得ようとするもの

とある辞書にしめされていました。

要するに、弱めたウイルスを体に取り入れてその免疫を作り備える行為ですね。

予防接種を打って免疫が体の中にできるまで2種間ほどかかるといわれています。

インフルエンザのシーズンは12月~3月と言われているのでだいたい11月ごろまでには打っておいた方がよさそうですね。

予防接種の効果・必要性

予防接種を打つとインフルエンザの感染確率が下がり、感染したとしても重症化せずに軽く済むことが分かっています。

平成11年度の厚生労働省のインフルエンザワクチンの効果に関する研究では、高齢者施設において34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったと発表されています。

高齢者など体力や免疫力が低下した人は一度インフルエンザにかかると重症化しやすくその他の病気を併発させてしまう危険性があります。

自身の健康のためにも予防接種は必要ですね。

予防接種によって副反応がおこる可能性がある?

予防接種はウイルスに対する免疫を作らために行うものですが、その予防接種によって免疫以外の副反応がおこることが分かっています。

予防接種をした10%ほどの人は注射した場所が赤くはれるなどの症状が現れます。

このほかにも、発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、めまい、リンパ節の腫れなどの症状が起こることもあります。

これらの副反応は通常2、3日でなくなります。




複数の予防接種の同時摂取はいいの?

予防接種を打つとき違うワクチンを同時にうつ同時摂取は大丈夫なのでしょうか?

ちがうウイルスが体の中に入って体に良くなさそうな気がしますが、

実は、予防摂取を同時に打ても特に健康的な問題はなく、予防接種の効果を落としてしまうこともないことが分かっています。

医療費の軽減のために、どうせ打つならまとめて売った方が経済的に負担がなくてよさそうですね。

予防接種後の運動はダメ?

予防接種の後ってよく運動をしないようにお医者さんに注意されますよね。

なぜ運動をすることがいけないのでしょうか?

予防接種は健康で元気な状態の時に摂取することによって、体の中に抗体を作ることができます。

しかしながら、激しい運動を行って体力が落ちている状態だと、抗体を作ることができず効果がなくなる場合があることが分かっています。

また、体が疲れている状態だと副反応がおこる確率も上がってしまいます。

しっかりと抗体を作るためにも予防接種後の運動は避けたほうがよさそうですね。

まとめ

今回の記事では、インフルエンザの予防接種について記事を書きました。

インフルエンザの感染率を下げ重度化を防いでくれるので摂取しておいた方がよさそうですね。

特に体力が衰えてきている高齢者の方々はなるべく打つことをお勧めします。

摂取後の運動は控えてくださいね!健康的な毎日を

それでは!

PR

予防接種についてさらに詳しく学びたい方は以下の本を参考にしてみてください。

健康に関する知識を身につけて元気に毎日を過ごしましょう。