健康科学研究

炭酸水を摂取すると健康に良い効果がある? 【炭酸水のメリット・デメリット】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、普段炭酸の飲み物って飲みますか?

シュワシュワとしたのど越しで飲んでいて気持ちいいですよね!

僕もコーラやサイダーなどの炭酸水が大好きです。

もちろん炭酸が苦手という方もいることと思います。

今日は、そんな炭酸水が体に与える影響について考えていきたいと思います。




炭酸水を飲むことが健康に与えるメリット

まずは炭酸水を飲んことのメリットについて考えていきたいと思います。

炭酸水を飲むことによって「腸の働きをよくする」ことと「全身の血行を良くしてくれる」ことが分かっています。

腸の働きをよくする?

炭酸水は、水に二酸化炭素が溶け込んだものです。

そのため、炭酸水を摂取すると体内で二酸化炭素が放出されます。

その二酸化炭素が発泡されるときの刺激が胃から腸へと伝わり、腸の活動が活発化されます。

腸の活動が活発になることによって排出機能を高めて便秘を防いでくれます。

 

炭酸水は全身の血行を良くする

炭酸水を飲むことによって血液中の二酸化炭素の量が増加します。

血液中に二酸化炭素が急に増えたことで、脳はからだが酸欠状態に陥ったと勘違いしてしまいます。

それと同時に、酸素を含んだ血液を送り出そうと働きます。

このことによって血行が良くなります。

血行が良くなることのよって老廃物が疲労物質を排除することができ健康的に過ごすことができます。

 

免疫力も高める???

また、体の免疫細胞の6~7割が腸に位置しています。

腸の働きを活性化させることによって、免疫細胞を刺激して免疫力も高めてくれます。

 

その他にもダイエット効果や美容効果など様々な効果が期待できるといわれています!

炭酸水ってすごい効果を持っているんですね。

炭酸水を飲むことのデメリット

それでは、デメリットを見て見ましょう!

炭酸水はあくまでも飲み物

炭酸水がもたらすメリットを上記で紹介しましたが、あくまでも炭酸水は飲み物であり、薬ではないので期待できる効果には個人差があります。

また、炭酸水の大量摂取は腸の働きを良くしすぎて下痢などを招いてしまう危険性があります、

とりすぎには注意が必要ということですね。

 

糖分のとりすぎにも注意が必要

その他にも、炭酸水にはコーラやサイダーなどの砂糖を多く含んだものも多くあります。

そのため、炭酸飲料をとりすぎると糖分も大量に摂取することにつながり、糖尿病や肥満のリスクを高めます。

なるべく糖分を含まない炭酸水を飲むことをお勧めします。




まとめ

今回は、炭酸水を飲むことのメリット・デメリットについて記事を書いていきました。

炭酸水は腸の働きを整えて血行もよくしてくれて健康面に多くのメリットをもたらしてくれます。

しかしながら、使用品ではなくあくまでも飲み物であるため効果には個人差があります。

また、炭酸飲料の飲みすぎは下痢や糖尿病などのデメリットを招いてしまう危険性もあります。

飲みすぎに気を付けて適度な量を飲みましょう

それでは!