ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

薬の副作用(デメリット)の恐ろしさ 【副作用の症状や原因、対処法対策など】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは体の調子が悪い時や風邪をひいたときなど薬って飲みますよね。

薬を飲むことによって体のウイルスを退治してくれて症状を軽くしてくれます。

しかしながら、薬には良い面ばかりではなく、悪い面もあることを知っていましたか?

実は薬を飲むデメリットとして薬を服薬することのよって副作用をもたらすことがあるんです。

今日はそんな薬の服薬がもたらす副作用と副作用への対処不法について考えていきたいと思います。



副作用とは?

薬を飲むと主作用と副作用をもたらします。

主作用とはたとえば風邪をひいたときに発熱を抑えてせきを止めるなど、風邪を治すための目的にあった作用を主作用と言います。

副作用とは、薬を飲む目的以外の症状が現れることをいいます。

例えば、眠くなる、下痢になる、のどが渇く、めまいがするなどの薬を飲む目的以外の症状が現れることを副作用と言います。

副作用はどんな薬でも発症するリスクがあります。

また、体質にとって副作用が発症する人と発症しない人がいます。




薬を飲んで副作用が現れる原因

それでは、なぜ薬を飲むと副作用がおこるのでしょうか?

薬の多くは、一つの作用だけではなく多くの作用を持ち合わせています。

そのため、薬が体内で代謝される際に出される物質がもつなんらかの作用によって違った症状現れてしまいます。

その他にも、薬の適切な摂取方法を守らなかったり、大量に摂取したりなどによって目的とは違った作用が現れることがあります。

薬と一緒にとる食べ合わせや飲み合わせによっても副作用が発症する可能性もあります。

適切な摂取方法を守って薬を飲むことが大切です。

副作用の対処方法

薬である以上、どんな薬でも副作用が発症するリスクがあります。

薬を処方されて適切な摂取方法を行ったにもかかわらず副作用が出た場合は、直ちに摂取をやめて医師に相談することをお勧めします。

副作用が現れて、なお薬を飲み続けると大げさではなく最悪の場合死亡する危険性もあります。

医師に相談して違った薬を出してもらうなどすることが最適です。




まとめ

今回は、薬の副作用とその対処法について記事を書きました。

まとめとして・・・・

①薬である以上、どんな薬でも副作用のリスクがある。

②薬の大量摂取や不適切な薬の摂取は副作用の発症のリスクを高める。

③副作用が現れたら服薬をやめて医師に相談し薬を変えてもらう。

 

薬の正しい飲み方を理解して摂取していきましょう。

それでは!