ヒロ
自身のスポーツ活動を通して感じた問題意識やスポーツ・健康に関する情報発信を行っています。 日頃は、教員をしつつスポーツ科学に関する研究を行っています。 スポーツや健康に関するライター依頼お持ちしております。 ご連絡は以下まで athport.hiro@gmail.com
健康科学研究

お酒のアルコールが抜けるまでにかかる時間 【アルコール摂取による健康面の症状や交通事故など】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんは、アルコールてよく摂取しますか?

お酒を飲むとふあふあして、嫌なことなんて忘れられますよね。

僕もよくお酒を摂取します。

しかしながら、お酒を飲むと車に乗れなくなるのが一番気になりますよね・・・・

田舎で駅から離れた場所にお店がある場合や、遠い場所などでの飲み会はどうしても車が必要になります。

今日は、お酒を飲んだ後にどのくらいたてばアルコールが抜けて、車が運転できるのか調べていきたいと思います。



お酒による交通事故の発生数

まずは、お酒による事故の発生数です。

内閣府の発表した交通安全白書では2017年に発生した交通事故のうち、飲酒が原因で約3600件の交通事故が起こり、そのうち200件が死亡事故となっています。

お酒を飲んでいる人は、悪気がなく「まあ、大丈夫だろう」と言う感覚でつい飲酒運転をしていると思いますが、飲酒は、人がなくなるなどの重大な事故を起こす原因となっています。

 

お酒を飲むとどんな症状が出るの?

それではお酒を飲むとなぜ事故が起こるのでしょうか?

飲酒によって以下の症状が出ることが分かっています。

お酒を飲むと、胃や腸によってアルコールが吸収されます。血液中に溶け込んだアルコールが脳に届くことによって麻痺が「酔う」という症状になります。

血液中のアルコール濃度によって様々な症状がでます。

レベル1
顔、全身が赤くなる。陽気になる。
レベル2
動悸がする、体が熱くなる。
レベル3
千鳥足になる(ふらふらする)。ろれつが回らなくなる。
レベル4
頭痛、めまい、吐き気がする。
レベル5
一人で歩けなくなる。記憶がなくなる。

お酒の飲む量によってこのような症状が出るといわれています。




アルコールが抜けるまで

それでは、お酒をのんで、アルコールを摂取してからどの程度時間をおけばアルコールが向けるのでしょうか?

アルコールが抜けるまでの時間はアルコールの摂取量によって違ってきます。

自身の体重によってアルコールの分解量に違いが出てきます。

例えばビール1缶(500ml)を1本飲んだ場合、アルコールが抜けるまでに体重70㎏の男性だと約3時間、体重50kgの女性だと約4時間ほどかかるといわれています。

お酒の種類によってもアルコールが分解されるまでの時間は異なるので、男女の平均体重別に少しみてみましょう。
日本酒 1合
成人男性:約3時間 成人女性:約4時間
チューハイ 350ml
成人男性:約2時間 成人女性:約3時間
焼酎 90ml
成人男性:約2時間 成人女性:約3時間
ワイン 120ml (ワイングラス1杯)
成人男性:約2時間 成人女性:約2時間

(WEB調べ:http://tatsujinlife.com/4032.html

お酒に酔ってアルコール分解にこのような違いが出てきます。お酒を飲めば飲むほどアルコールの分解に時間がかかることになります。

逆に言えば、500mlのビールを飲んでも3時間たてば車に乗ってもいいということになります。

 

まとめ

今回は、お酒のアルコールが抜けるまでの時間について記事を書きました。

まとめとして・・・・

①飲酒による死亡事故は約年間200件起きている

②お酒を飲むとめまいや、ふらふらするなどの症状が現れて、事故をおこす危険性が上がる。

③アルコールの分解は、お酒の種類によっても違い500mlのビールでは成人男性で3時間ほどで抜ける。

 

飲酒運転にならないように考えてアルコールを摂取しましょう。

それでは!