スポーツ科学研究

筋トレをすると身長が伸びなくなるってホント? 【筋トレと身長の関係】

Pocket

こんにちは、ヒロです。

皆さんはこんな話を聞いたことはありませんか?

小学生

筋トレしてムキムキになるぞ~

先生

子どものころから筋トレすると身長伸びなくなっちゃうわよ

 

僕自身筋トレを小学生の時から積極的に行っていて、上記のようなことを言われて事があります。

本当に、筋トレと身長に関係性ってあるのでしょうか?

今日は、【筋トレと身長】について記事を書いていきたいと思います。



筋トレと身長の関係

まず結論から言うと筋トレをして身長が伸びないということはありません。

むしろ、筋トレをすると身長が伸びます。

筋トレをすると成長ホルモンの分泌が劇的に良くなることが科学的に明らかとなっています。

成長ホルモンには身長を伸ばす効果があるため、このことからも、

筋トレ=身長を伸ばす

と言うことが言えそうですね。




ではなぜ筋トレをすると身長が伸びないというのか?

その理由は、体操選手などの世界で活躍するムキムキなスポーツ選手が背が低いため、筋トレ=背が伸びないという思い込みが一つの原因になります。

筋トレを一生懸命して背が伸びなかったのではなく、体操などでは、背が低いほうが物理的に難易度の高い技をやりやすいためトップに上りつめていけるんです。

がんばって筋トレした結果身長が伸びなかったわけではないんですよ。

 

また、身長が伸びなくなるといわれるもう一つの理由は、誤った筋トレが骨の成長を妨げるためです。

身長は骨の両端の骨端軟骨が細胞分裂を繰り返すことによってどんどん長くなっていきます。

つまり、この骨端軟骨に問題が起きると身長が伸びなくなるのです。

成長期に過度な筋トレを行ったり、間違ったフォームで筋トレを行うことによってこの骨端軟骨に支障をきたしきたし身長が伸びなくなってしまいます。

適度で正しいフォームで筋トレを行うことが大切なんですよ!

 

特に骨の発達段階である、幼少期~高校生までの間は、骨が成人比べると完成しきっていないため、高強度のウエートトレーニングは骨端軟骨に悪影響をおよぼす可能性が高まります。

この時期はできるだけ、自重による筋肉トレーニングが望ましいとされています。

発育発達の観点から見ても、筋力の増加を目的とした激しい筋トレは高校生あたりからが効果的であるとされています。

 

成長段階にあったトレーニングを選びましょう

 

まとめ

今回の記事では、筋トレと身長の関係について記事を書いてみました。

まとめとして・・・・

①筋トレは成長ホルモンを増加させ逆に成長の手助けをしてくれる。

②誤ったフォームや過度の筋トレは身長の成長に悪影響をおよぼす

③年齢にあった筋トレを選択することが必要である。

 

それでは!